2018年5月20日日曜日

始まり

私の新学期の授業は5月の連休明けから始まった。
実技授業で、グループ作業が中心である。どんなかたちであれ、社会に出れば否が応でもチームプレーで仕事をすることがほとんどである。食わず嫌い、などとは言っていられない。早い内から、グループワークに慣れることと、日常生活習慣の是正が授業の隠された使命である。とは言うものの、適当にグループを組んでもらうと、どうしても「仲良し」で固まったりする。出席番号順、などという作戦では、授業が違ってもグループは固定化してしまいがちである。男女比、得意そうな分野、出身地など、いろいろと考えてグルーピングする。教える側はそれなりに配慮しているのである。
さて、大学の授業というのは、ある程度システマチックに運営されている。授業の回数の2/3以上の出席で、課題提出あるいは定期試験受験資格を得られる。課題あるいは試験で合格点をもらえれば単位が出る。昨今は、教務課の管理も厳しく、昔のような「代返」はあまり効果がないかもしれない。
勤務校は、専攻分野科目の取得単位によって進級する、というシステムになっている。私の世代だと、1年生の専攻分野の必修実技科目が24単位だとすれば、24単位取得で進級、20単位で仮進級、20単位未満で留年、という具合である。仮進級というのは、とりあえず2年生になってもいいけど、落とした授業は2年の内に再履修して単位を取りなさいよ、というものだ。現実問題として、実技授業に出席するのは時間的に厳しい場合があり、そのような授業は「再履修課題」というのが課されていた。しかし、出席しないと絶対単位が取れない科目というのもいくつかあった。そういう科目は、夏休みか冬休みに別途補習、という作戦になった。暑い夏休みに冷房のないアトリエで作業するのが「アフリカ」、寒い冬休みに暖房のないアトリエで作業するのは「シベリア」、という名前の補習である。留年になると、有無を言わさず、1年の必修授業をもう一度やることになる。落とした年度に取得した実技授業の単位はゼロにリセットされる。
新学期になると、1年生の名簿を見る。昨年も同じ名前があったなあ、と思うと、留年である。私の授業では頑張っていたのに、他の授業でドロップアウトしてしまう学生も時折いる。仕切り直しで2度目の1年生である。たいていの学生は、気分一新、気持ちも新たに1年生を始めるようだ。あまり目立たないし、先輩面もしない。長い一生なのだから、1年などなんぼのものだと最近は思うようになった。今年も数名の留年者がいるようだが、今年こそ頑張ってくれるといいな。

2018年4月3日火曜日

今年のサクラは、咲くのも満開になるのも散るのも、早かった。
日本的、と言われて久しい風景だし、それを見に来る外国人の観光客も多くなった。
たいがいの木はソメイヨシノという種類である。実生ではなく接ぎ木で育て、同じ遺伝子を持つ「クローン」だと言われている。さもありなん、だからこそ一斉に花が咲くわけだ。
母の実家の墓には、ソメイヨシノの大きな木があった。墓地は染井なので、それこそ染井のサクラである。墓を建てたのは明治の半ば頃、大正末期に建てた墓の横に植えたようだ。というのは、私が行くようになった1980年頃には、墓の下に根が入り込み、墓石の下の石がかなり傾いていたからだ。その10年頃後には、大きく張った枝の半分ほどが立ち枯れてきた。嵐で折れて落ちては大変、と植木屋にかなり枝を下ろしてもらった。かなりしょぼい姿になってしまい、木のイメージがかなり変わってしまった。その10年後には、ほぼ枯れてしまったのを機会に、傾いた墓石も整理した。長生きしない木だと、残念に思ったが、それをきっかけに身辺整理にはなったかもしれない。
現在住んでいるところの近所に、大きな寺がある。バス通りに面して大きなサクラとカエデが植えられていて、春はサクラ、秋は紅葉のトンネルのような景観だった。久し振りに通ったら、どちらもごっそりと切り倒されていた。倒木の恐れがあり、と看板にあった。今年はぽっかりと空が大きく見える通りになった。

2018年4月2日月曜日

落とし前

年度末ネタでよく出るのは、なんとかして単位をもらう作戦である。
就職が決まっているんです、卒業しなくてはならないのです、などと泣き落とす、というのはよく聞く話である。30-40年前ならいざ知らず、いまどきそんな手が通用するのは、勤務校あたりではあまり聞かない。最近の大学の教務課は、そこのあたりチェックが厳しい。
同居人の大学時代は、紛争時である。大学の授業そのものがボイコットされていたり、学内には入れなかったりなどして、授業そのものが、あったのだかなかったのだかよく分からない、と言う時代である。
それでもやっぱり卒業所要単位というのはあって、事務方はきちんと管理をしていた。いまどきの学校だと、卒業間際に「単位が足りない」と事務方から連絡が来るのかもしれないが、その時分は自分で管理をしなくてはならない。日頃の行いを省みて、事務方に取得単位を問い合わせる。やっぱり足りなさそうだという学生さんは、追加試験や追加レポートなど担当教員に談判しに行く。
先生のお宅で住み込み書生生活とか、かなりハードな事務所の手伝いとか、いくつも担当されていた講義授業資料のまとめとか、そういったことで単位にしてくれた、という話もあったらしい。のんびりした時代である。

2018年4月1日日曜日

延期

年度末ネタでよく出るのは、就職が卒業ではない、というものだ。
私が助手だった頃は、バブルな時期で、就職活動も早々に内定がたくさん出ていた。思わず、こんな学生があんな大企業に!、というケースもあって、研究室スタッフで、真剣に大丈夫かなどと心配した。遅刻の常習者で、授業中は居眠りか、タバコを吸うために廊下にいることが多く、課題もたいてい締め切り間際に提出、つまりいつもは締め切り後に駆け込み提出でごり押し、という学生だ。会社勤めに向いているようには思えない。その頃の企業内定は秋の初めに出ていた。後期になって、当該の学生は「どんなもんだい」状態である。就職が決まって余裕を決め、授業に出ずに趣味のバンド活動にいそしんでいた。4年だから、最後の実技は卒業制作である。こちらも締め切りすれすれ、お世辞にも優秀作、とは言えない。まあ就職が決まっているから、なんとか出してやるか、という教員の温情で最低点で滑り込みセーフである。まあ社会人になったら、生活も変わるから、真面目な会社人間になるかも、などと話していた。
卒業判定会議で判明したのは、彼が卒業所要単位を満たしていないことだった。研究室では実技授業を見ているが、一般教養や外国語の取得状況は把握していない。研究室では慌てて、学生に連絡をした。ところが全く連絡がつかない。携帯電話やインターネットのない時代である。実家の家族には「卒業旅行に行く」と言って、出かけたままだそうだった。友人の誰も、どこにどれくらい旅行に行くのか知らなかった。どうやらヨーロッパあたりに行こうかという話をしたらしい、というところくらいまではわかった。そうなると全く連絡がつかない、というわけだ。
卒業式に、彼は意気揚々とやってきた。ヨーロッパ帰りらしく、ゴロワーズの両切りをくわえている。友人と旅行の話で盛り上がっている。そこで、彼は自分の名前が卒業者名簿にないのを知った。そこで帰るのかと思ったら、ちゃっかり卒業式には列席し、謝恩会には出て、明け方まで飲み歩いたらしい。大企業という就職先は、そこのあたりチェックが厳しい。就職はキャンセルになってしまった。
4月に入ってから、何度か彼を構内で見かけた。卒業延期になって、講義を取り直していたらしい。翌年の卒業式にもやってきた。

2018年3月31日土曜日

とりあえず

そうして、通信教育の年度末はと言えば、お決まりの「課題の締め切り」である。
崖っぷちのなんとか、というわけではあるまいが、とにかく締め切り日に近くなると、かなりの点数が届けられる。普段は、週に2−3点の提出ベースなのに、最終日に20点を超える。受付事務も相当忙しい。
もちろん、締め切りには理由がある。翌月には卒業や進級の判定があるからだ。会議までの半月ほどで、すべての採点を終えなくてはならない。まあこのあたりも、数年もやっていれば心得たもので、予めスケジュールには余裕をつけておく。
ただ悲しいのは、締め切り間際になると「とりあえず出しておく」風の内容が激増することだ。課題をキチンと読んでください。テキストをよく読んで基本的な理解を得てから資料を集め作業を始めてください。といった文面が増える。課題違反はもちろん「再提出」になるので、申し訳ないが、新年度にまた出してね、ということになる。人生滑り込みでは、結果オーライにはなることはまれだ。ただ、個人的年間スケジュールから言えば、4月5月の再提出のレベルは高くなる。
しかし中には強者もいて、翌年やはり締め切り間際に、前年同様の課題違反で滑り込み提出をしてきた学生がいた。逆にこれはこれで、潔いと言えるのかもしれない。お願いだから3回目は勘弁して欲しい。

2018年3月30日金曜日

駐車場

さて、通信教育課程はと言えば、である。
通信教育、と言っても、郵送でやりとりばかりではなく、実技授業もある。同居人もその昔通信教育課程に通っていたクチである。社会人は、フルに夏休みを確保して、大学のキャンパスに通う、というものだった。通学課程は夏休みなので、敷地側としては、通う学生さんが夏休みの間だけは違う人種、というだけである。
私が学生の頃、通学のために近所の駐車場を借りていた友人がいた。「夏休み期間中を除く」という契約で、試験が終わると夏休み明けまでは駐車場を使えない。なぜかと言えば、その期間中、通信教育の学生さんに貸すのである。
土地はしっかり夏も稼いでいるわけだ。

2018年3月29日木曜日

年度末

世間的に3月は年度末である。
一方、通学している大学生の学期末は12月である。数えて見ると、1年は52週ほどあるのだが、授業をしているのはほぼ半分だ。私が学生だった頃は、半期が13回だったので、都合26回が授業日である。のんびりというか、怠慢というかは、人それぞれなのだろうが。
現況は、と言えば、年間の授業回数が数回増し、ハッピーマンデー効果もあって祝日も授業、入学試験のスケジュールが先に組まれていて、逆算して授業日程が決まるという印象がある。以前に比べると、9月の始業が早くなって、後期の年度末は「年内」という感じだ。 学生さんの方は、夏休みが短くなったが、春休みが潤沢に長くなったのかもしれない。
いずれにせよ、大学の授業は年間のほぼ半分。大学生とは優雅なものである。