2017年11月23日木曜日

ドミノ

今年度最後のローテーションで受け持ったクラスでは、遅刻がかなり多かった。
通常は、9時に授業が始まる。が、8時半頃から教室や廊下でうろうろしていたり、菓子パンを食べている学生がいる。早いねえ、などと声をかけながら、授業の準備をする。早く来る学生さんは、遠距離通学であることが多い。片道1時間半から2時間半、という程度である。乗り継ぎが多くなると、ちょっとした遅れで、その次の電車、その次の路線での乗り換えが、ドミノ倒しのように遅れる。最初の列車の5分遅れが、最後に乗る電車では10分20分の遅れになってしまうからだ。たいていはその遅れを見込んで、早めに乗る、という知恵がつく。徒歩圏内に下宿している学生が8時半から来ていることなど皆無である。
ほとんどの学生は、9時すれすれに滑り込む。走ってきて息が上がっていたりする。9時に授業が始まるので、少し前に来て、授業の準備をするなどない。滑り込んで、ばたばたと席に着き、周りに話しかけながら、鞄の中からノートを取り出し、何かを床に落っことして探し、他人の足下に潜り込んでいたりする。授業準備万端になるのは、5分から10分先である。さて9時というのは、授業開始なのか、授業のための集合時間なのか、よく分からなくなってきた。
さて、ここ数年、都心の鉄道会社では、安全に配慮してか、ちょっとした「安全確認」で、よく電車が遅延する。時間通り、が日本の鉄道の特徴と言われてきたが、時間厳守で事故が起きてからは、安全第一になってきたようだ。それはそれで、まあ悪いことではないはずだ。ただ、最近はけっこう頻繁なので、逆に前倒しで計算して、早めの電車に乗るようになった。何事も、時間ギリギリ、というのは、やはり「ぎりぎり」だからである。
話は戻って、授業の遅刻だが、電車の遅延というのが「免罪符」だと思っている学生が多い。そのため、9時を過ぎて滑り込んでくる学生さんは、鉄道会社の遅延証明書など渡しに来る。ぎりぎりに攻めようとするから、ちょっとした遅延で遅刻になる。もう1−2本早い電車に乗って、20分前に着くようにすれば、10分の遅延でも余裕の到着なのに、である。しかし最後のクラスは、そういった学習能力のない学生が多いらしく、毎朝のように遅延証明書を持ち込む学生がいた。3週間18回の授業で始業時に教室にいることがなく、来ても毎回遅延証明書付きである。
聞けば専攻は建築。将来大工と仕事することになったら大変である。朝9時に大工仕事をお願いしたら、職人はたいてい8時半にはやってきて、車の中で待機していたりする。お仕事となったら、遅刻癖は治るのだろうか。

2017年11月22日水曜日

ココロ

勤務校での授業は、10月いっぱいで概ね一段落する。学生さんの方は、という意味である。
教える方は、といえば、提出物のチェック、授業成果の採点、という仕事が待っている。
「脱落者を出さない」というのが勤務校のモットー、教務課からお達しが来るので、おいそれと脱落者、つまり「不可」がつけられない今日この頃である。あの手この手で、単位取得に必要なものがそれなりに揃うようにしなくてはならない。出席日数、課題の出来、だけではなく、ノートやレポート、平常点、授業への参加や発言の程度、などなど、点数をつけれられそうなモノをあれこれと揃えたりする。
一番分かりやすいのは「出席日数」である。2/3以上の出席で課題提出、あるいは定期試験受験の資格がある、というシステムである。つまり1/3の欠席でアウト。だから、どの学生も、授業半分ほどで「出席日数が課題提出の条件である」とアナウンスすると、「自分の授業出席数は足りているのか」と質問に来る。いやいや、大人なんだから、自分がいつどこにいるのか、くらいは自己管理の範疇だろう、と思うのだが。
「出席日数が足りている」だけでは単位は出ない。単に、課題を提出できる権利が発生する、程度の話である。もっとも、単位を取得するための第一関門としては目に見えて明らかな条件である。授業に興味がない学生でも、単位取得には興味があるようなので、とりあえず授業に来る、というタイプの学生が出現する。出席を採ったらトンズラする、授業中は爆睡する、授業中にトイレに立つ、トイレに行ったらしばらく帰ってこない、もちろん授業中にスマホいじりなどする、という手合いである。「出席」していても、ココロここにあらず、なので「出席」している状況なのか、というのは大いに疑問である。
出席簿を見返しながら、この学生のココロの出席は授業ではなく、どこにあったのだろうかと、しばし考えたりする。

2017年11月15日水曜日

刷り込み

こういった「刷り込み」されたBGMというのは、運動会以外にもいろいろある。小学校によって曲目は違うのだろうが、朝礼の集合、休み時間の開始、昼食時、お掃除の始まりと終わり、下校時刻などなど、ことあるごとに音楽がかかる。著作権の関係があるのかもしれないが、たいていはクラシック音楽というジャンルだった。最近はもう少し今日的なポピュラーなものも使われているようだ。鑑賞の時間ではないので、作曲者が誰かとか、指揮者が誰か、など関係なく、「合図」として利用する。おかげで「別れのワルツ」が聞こえてくると、夕方だなあ、帰らなくっちゃ、と一瞬思ってしまう。条件反射である。
映画を作るときは、このような「刷り込み」音楽というのをよく使う。街中の風景で、小さく「クシコスポスト」を入れると、秋の運動会シーズン、という印象になる。雑木林の風景に、小さく「夕焼け小焼け」を入れると、近くに小学校があって下校時刻なんだなあ、という感じになる。
一般に流布している楽曲というのは、聞いている人それぞれに「先入観」がある。家庭の居間の映像に、小さい音で「天国と地獄」を入れると、「近くの小学校で運動会をやっている」と感じる人と、「テレビがついていて、コマーシャルをやっている」と感じる人がいる。作り手の側から言えば、状況として、後者ではなく前者を感じさせたいのであれば、「天国と地獄」だけではなく、他の曲もあわせる、などの配慮が必要になる。
ただ、大学生くらいだと、得てしてそんな配慮などしない。自分の持っているイメージでBGMを選ぶ。授業内の課題制作で、毎年数人は、胸キュンな青春ドラマをつくる。「ほんわか」なシーンに、女子学生が合わせたがるのは、オルゴール音楽である。曲目はいろいろあるのだが、ともかく「オルゴール」、なのである。私にとっては歯医者の待合室でかかっているのが、この手のオルゴール音楽である。オルゴール音楽が流れてくると、どうしても「歯医者の待合室にいて治療の順番待ちをしているビミョーな気分」になる。講評中にキュンとしているのは、胸ではなく、歯、である。

2017年10月12日木曜日

定番

10月に入ると、そろそろ半袖もしまおうか、という気になる日が増えてくる。そうは言っても、季節の変わり目で、気候は不安定、今日は暑くても明日はやたらに涼しかったりする。
街中を歩いていると、どこからか「クシコスポスト」やらカバレフスキーの「ギャロップ」が聞こえてくる。運動会定番のBGMである。
季節の変わり目で運動会当日が急に暑くなる、ということがあり、子どもの熱中症が心配であるから、最近の運動会は春に開催が増えている、と新聞で読んだことがある。最近は春も「マイムマイム」や「トランペット吹きの休日」が、どこからか聞こえてくる。
この手の音楽は、運動会では「定番」である。義務教育期間中であれば9年間は同じようなBGMを聞く。刷り込み、という現象である。すでに「軽騎兵」は、運動会以外のイメージが浮かばなかったりする。私は運動音痴で徒競走はいつもビリだったので、運動会はどちらかと言えばトラウマ、この手の音楽が聞こえてくると、気分は暗くなるのだが。
いまどきの中年世代だと、「天国と地獄」は、文明堂のカステラのコマーシャルも思い浮かぶ。ついでに、クマのような操り人形のぬいぐるみが、ラインダンス、という映像も浮かんでくる。実はこれはシーズンごとに、微妙に背景やら人形の色やら違っていたらしいのだが、そこはあまり覚えていない。音楽、人形、ラインダンス、カステラ一番電話は二番、である。最近はとんと見ない。ちょっとさみしい。

2017年10月11日水曜日

多数

小学校なんかの学級会で、何か決めごとをするときは、たいてい「多数決」だった。これに賛成の人は手を挙げてください、というやつだ。ことによると、それが「民主主義」だと教え込まれたような気がする。学級委員長、遠足で持参するおやつの金額の上限、中学校に入ると更にあれやこれやとクラスで決めることが多くなる。クラス委員、当番、部活、朝の自習の科目、普段の服装やら持ち物やら、挙手をしてください、である。
長じて美術という畑に片足を突っ込んで感じるようになったのは、多数決で決めるのはいかがなものか、ということだった。
確かに多数決、というルールがあれば、決められる「議案」というのはある。しかしそれは「正しいこと」とは限らないことがある。
授業の課題でグループ制作をやるときに、「多数決」によって、制作作品について決めるチームが、必ず出現する。4人編成のチームだと、やりたい人が3人いれば、そちらに「即決」してしまう場面を、よく目撃する。たいてい反対に回った学生が「だんまり」を決め込んでしまう。大人から見ると、それは他の人にはないユニークな視点だったり、ものの見方だったりする。「大多数の意見」はたいてい、無難で、ベタ、ステレオタイプで面白くなかったりすることが多い。
学級会の「賛成の人は手を挙げて」作戦だと、決をとっておしまいである。反対者がいたとしても「黙殺」されてしまう。しかし、「反対」者にも意見はある。「多数」な側は、それをきちんと理解しなくてはならない。ことによると、少ない「反対」側の意見が、「正しい」こともあるからだ。
「12人の怒れる男」という映画がある。主演はヘンリー・フォンダで、もとは舞台の戯曲である。舞台劇らしく、陪審員室のやりとりが、映画では大きな部分を占める。被告に対して大多数が有罪と言っているのに対し、無罪を主張している人がいる。判決は全員一致でなくてはならない。「大多数」派は、面倒くさいと言いながら、「無罪」の根拠を聞いていく。根拠を知るにつれ、陪審員の意見が、ひとり、ふたりと、無罪に転じていく。
「映像の作り方」を教えるときに、これをサンプルにするのは、陪審員室の動線の扱い方だったりするのだが、久し振りに見直しながら、今日の政治情勢を考えてしまった。「数が正義」とでも言わんばかりの解散、所属政党の旗色が悪くなると「数」を頼りに離党したり政党替えしたりする政治家。なんか、ひたすら多数決をとっているだけで、政治を回そうとしているかのようだ。それは「正しい」ことなのだろうか。

2017年10月9日月曜日

ブーム

実習授業では簡単な映像を制作してもらっている。課題の内容や進行方法は以前にも書いたことがある。面白いのは、その時の1年生の指向が見えることだ。「マイブーム」、という言葉があった。1年生の「ブーム」は、ティーチングアシスタントをしてもらっている4年生にとっては、「ブーム」ではないことが多い。たかが2−3年くらいしか年が違わないのだが、「ブーム」は確実に違うらしい。
美術学校、映像系の実技専攻コースなので、必然的にアニメーション指向の学生が多い。ジブリ、ガンダム、ディズニー、というのが彼らの学習動機だったり、目標だったりする。数年前は、ヱヴァンゲリヲン命、というほどマニアックな学生さんが多かったが、最近はそれほどでもない。
実写ドラマ指向な学生さんだと、好みのドラマシリーズとか、映画などがある。担当している授業で、10年以上前に流行ったのは「世にも奇妙な物語」風なもの、である。課題として作ってもらう作品のうち、クラスに数本は、その手のものが出た。現実世界とちょっと違う設定の世界で起こる出来事、といったものだ。この頃はまだテレビドラマを子どもの頃によく見ていた、という世代である。見ているものはほぼ横並びで同じなので、当然のように、脳みその中のアイディアソースも同じになる。
最近は、ご家庭にテレビはあっても、子ども部屋のコンピュータをインターネットにつないで配信動画を見ている、という状況である。テレビ、という言葉でくくっても、あまり共有できる番組やドラマがない。だからなのか、隣の人を見ながら授業をしているような気がする。ブーム、というよりも、右へならえ、なのかもしれない。

2017年10月6日金曜日

皆勤

9月はカリキュラムの都合上、ほぼフルタイムな授業スケジュールである。
午前中は1年生、午後は2年生の実技授業を見ることになる。教える方になって分かるのは、教わるよりも教える方が格段に大変だということだ。先生の時給が高いのは、それなりに大変だからである。
一番大変なのは体調管理だ。スケジュールががっつり決まっているので、おちおち風邪などひけない。学生なら、熱が出たのでおやすみ、といえるのだろうが、教える方はそうはいかない。一般事務業務と違い、ピンチヒッターなど存在しない。先生業をするようになって、友だちづきあいがとんとご無沙汰なのは、明日の授業が心配だからである。二日酔い、徹夜作業、夜更かしも、私的には厳禁である。寝不足に弱い、というより、寝不足になると判断力が鈍るので、作業に支障が出る。20代の頃は無理をしてそんなこともやってみたりしたが、結局仕事に集中できないので二度手間だったり、休憩が多くなってしまうので時間的に「お得」にはならなかった。40代を過ぎると無理がきかないと、さんざん先輩から言われた。おかげで、夜の会は出来るだけパスするようになった。
授業期間中は、ほぼ毎日学校に出向く。だから休日は家事と翌週の授業の仕込みで手一杯になる。おかげで、友人の展覧会やパーティーなども、申し訳ないが、パスすることになる。ごめん。
学生時代は考えても見なかった皆勤賞。ここ数年はあちこちに「ごめん」しているおかげで、ほぼ達成である。ごめんね。