2017年8月23日水曜日

減少

普段はいわゆる「通学課程」というところで授業をやっている。面と向かって授業をやって、実習やって、というものだ。一方、勤務校には「通信教育課程」というのがある。以前は、短期大学という位置づけだったが、2002年に4年制、学士の資格が取れるようになった。
学校の組織としては、「通学」と「通信」が微妙に分かれていて、それぞれに専任教員、非常勤講師、専任と非常勤のスタッフと配置されている。
通信教育課程で、ここ数年顕著なのは、最初の頃ほど学生数が増えない、ということらしい。通信課程なので、社会人も多く、4年で卒業するのではなく、もう少し長く学生として在籍する学生が多い。そうは言っても、「新入学」な学生は、一時期ほどの増加がないらしい。ひところは、スクーリング(面接授業)の学生数が多すぎで実習授業が出来ないから急遽クラスを増やす、ということもあったようだ。最近は、生徒の数より教員の数の方が多いクラスもあったりするらしい。
私学なのだから、経営が成立しなければならない、というのは仕方がない。2年ほど前は添削非常勤講師のペイが時給ではなく、「半分時給半分出来高」制になった。時間をかけてとことんじっくり指導、ではなく、それなりにスピード出してこなしてね、ということらしい。今年は、専任教員の空きを埋めない、という作戦に出たらしい。仕方がないが、教える側としてはモチベーションが下がる。
先日は、通信の専任教員が「縮小されたら困る」などと言っていた。困るのは、学生なのか、雇用されている本人なのかわからないが。
学生としては、先細りする学校で教わるのは、心細い。入手していた情報で選択する授業を想定していても、進級時にそれが存続しているかどうか分からない。先細りするから隣の学校と併合するからねー、などという、「分校の生徒が少なくなるから分校廃止」という小中学校のような作戦はとりようがない。先細りが見えた時点で、先がある学校に移りたくなるのが普通だろう。こうやって、先細りが見えてくると、沈む船からネズミが逃げ出す、という状況になり、あっという間に学生数が減るのである。
別の学校のケースだが、学校の閉鎖が決まっても、先生の数はむやみに減らせない。その学生は、転出する学生を横目に、むしろぎりぎりまで在籍することで、潤沢な教員数で授業をする、という作戦を採った学生がいた。強者である。

2017年8月22日火曜日

サイズ

そんな中でも、現状の大学経営の観点から、新学科設立、あるいは統廃合によって、学生数確保、などという勇ましい理事会の会議録がちらほらと見えるようになった。先般の獣医学部新設でも、その手の指向が見えるような気がする。一般的に、オジサンというのは、守備範囲を広げるのが好きである。おうちは豪邸、クルマは大型車、というのが価値観の上位に来る、という感じだ。
「トランジスタラジオ」という商品が一世を風靡した時代があった。大柄な高見山関が、華麗にステップを踏んで宣伝していた。小型化、というのが、「日本のお家芸」だった時代である。
翻って、少子高齢化で、お客さんが少なくなるので、入りやすい=受験生が集まりやすい学校を目指す。あるいは、多くの学科や専攻を構えて、どんなお客さんが来てもOKな状態にする。何か、真綿で首を絞めているのではないかという気がする。こんな時代だから、ダウンサイジングにもっと知恵を出すべきではないか、とも思う。

2017年8月21日月曜日

勤務校の授業の方は7月半ばで終了する。学生さんの方はその後テストや補講などあって、それから夏休み、である。
私が学生の頃よりも、夏休みは幾分減っているような気がする。もっとも、専任の教員に聞くと、トータルの授業日数は変わっていないはずだそうだ。どちらかといえば授業期間のシフトがそう思わせているのではないか、と言う。大学にとって入学試験というのが大イベントである。以前は、一般的に入試一発、だった。しかし、少子化時代、お客さんを集めるために入学試験のバリエーションがえらく多くなった。前期公募推薦、後期公募推薦、外国人留学生、帰国子女、などというのがある。一般入試にしても、センターAだのBだの、専門試験は4科目から2科目選択だのと、やたら試験科目数が多い。間違いなく願書を書く方が大変そうである。もちろん、編入、転科、修士課程は別日程で、学部の入学試験前に行われるから、こちらは1月の終わりまでに日程が組まれる。そんなわけで、入学試験の期間が長くなる。前倒しで授業の方は12月でほぼ終わるように組まれている。その前倒しで、後期授業の始まりが早まっていて、今や9月1週目、近所の小学校と同じ日に始業である。
さて、入学試験にそんなにたくさんバリエーションがあって、1年生のクオリティが高くなったか、と言われると、申し訳ないが、それはビミョーである。現状の入試方式だと、クオリティの幅がありすぎるという状態になる。教える方は大変である。担当している学科では、専任教員は主に上級学年をみている。低学年は非常勤が持ち回りである。だから、幅がありすぎて大変、なのを、粒を揃えて上級学年に回しているのがこちらの状況である。専任教員には、こちらの苦労は分からないだろうなあ、と思う。

2017年7月1日土曜日

緊縮

さて、こちらの勤務校の方は、今さらながらだが、研究室宛に会計事務の方から「お知らせとお願い」が回ってきていた。
カラーコピーの代金は30円、モノクロは半額です。出来るだけモノクロを使ってください。前期のコピー料金は大学全体でウン千万円です。緊縮財政にご理解とご協力をお願いします。といった内容である。
まあ、これも時代なんだろうなあ、とは思う。しかし、人間は一旦便利に使ったものはおいそれとは手放せないものだ。「お知らせ」の文言だけでどれくらい効果があがるのだろうか。
似たような「倹約」に、「ミスコピーの裏紙を使う」という作戦があった。ただし倹約になるのは紙代だけで、プリント料金はかかるわけだし、コピーという機械自体に、「両面印刷」はドラムというパーツにあまりよろしくない、という話もあって、あまり積極的に実行するところは少なくなった。
授業をやっている方としては、資料を配付するのは自分の「アリバイ作り」みたいな気がする。いまどきの学生さんは、参考資料や図書を挙げておいても、事前に読んでくる学生はほぼ皆無。だから参考文献の該当箇所を、授業の進行に合わせて配布する、などという作戦をとらなくては、学生が文献を読むことにならない。そうでもしないと、学生さんは文章を読まないのである。話をメモする学生も少ない。板書すればそれをノートに丸写しをしていた。現在は、ノートに「書き写す」のではなく、スマホでパシャリである。だからサマリーをプリントして配布したくもなる。でも資料を配付したからと言って、それをみっちり読む学生もあまりいない。資料をもらったことで学生さんは安心してしまうので、作業はそこで終わってしまうようだ。来年は資料無しにしてみようかなどと、毎年のように思ったりもする。

2017年6月30日金曜日

会計

数年ごとに研究室のコピーはリース期間の更新と共に新しくなる。新しくなるとそれなりに新しい機能もついてくる。いろいろとかゆいところを探して機能にしているわけだ。
もちろん、この手のリース物件は、ランニングコストは別会計である。機械内にカウンターというのが入っていて、プリントした枚数を勘定している。1枚いくら、である。もちろんファックスすれば電話代は別。メーカーの保守契約代金も必要だ。ある程度の消耗品は保守料金だろうが、紙代は別。使えば、使ったなりに、お金がかかってくるようになっている。
日頃眺めていると湯水のように使っている文明の利器である。同居人の勤務校では1−2年ほど前から「コピー緊縮令」が出た。カラーコピーで、学生に毎回10枚ほどを配布している美術史の授業があったらしい。美術学校の美術史だから、受講生も多い。カラーコピーが1枚30円として、一人300円、300人ほどの授業なら1回の授業で90000円、15回の授業があるのでプリント代だけで135万円、講師料よりもはるかにお高い。現在はプリントは回収の必要があるものだけになり、資料配付はサーバーから学生がダウンロードする方式になったらしい。やっとペーパーレスになってきたというわけだ。

2017年6月29日木曜日

コピー

勤務校の研究室にはコピー機がある。今やオフィスの必需品である。多くのこの手のオフィス用機械がそうだが、これもリース物件である。両面読み取りフィーダー、ソーター、ホチキス止め機能があって、プリンター、ファックスもできる。なんでもこい、というのがここ数年の流行である。
四半世紀前はこんなものはなく、あっても高嶺の花だった。コピー、と言えば、青焼きである。当然のように、授業内でプリント配布などない。あったとしても、最初の授業での「ガイダンスシート」程度である。その頃は、「コピーする」ではなく「ゼロックスする」だったし、英語で言えば「photocopy」である。
ゼロックスがぼちぼち普及してきた頃は、まだまだアナログな機械で、拡縮率は数通り。それがデジタルになり、1%単位で拡縮できるようになった。画期的だ! と感動したものだが、その普及に伴って、デザイン事務所からは「デザインスコープ」がなくなっていった。デザインスコープというのは何か、というのは余談になるので置いておく。
その時分から授業内配布プリントというのがぼちぼち増えてきた。相前後してワードプロセッサというのが普及してきて、レジメをつくってくる先生が増えてきた。研究室のお仕事に、授業用プリントのコピー作業、と言うのが増えたわけだ。
さて、同居人の場合は、大人数の授業なのでプリントは100部。学校では、同じ時間帯にいくつもの授業があるから、それぞれ100部ほどプリントする先生がいる。プリント1枚、で済む人はまれで、中にはひとりに10枚近くのプリントを1日に配布する人がいる。授業開始時間よりも早く控え室に行くのは、コピー機争奪戦があるからだ。
毎日コピー機さんお疲れさま、である。

2017年6月23日金曜日

世代

スマホ依存、という学生さんも多くなったわけだが、ある意味では、こういった電子機器の扱いには慣れてきたという見方もあるだろう。
コンピュータが必須の授業が始まった頃は、キーボードが「コワい」という学生さんが少なからずいた。タイピング、ということすらしたことがなかったので、キーボードで「d」はどこか、「k」はどこか、などと大騒ぎだった。ブラインドタッチなど申すまでもない。一本指打法である。「左クリック」を、右手でクリックするから「右クリック」と信じて疑わない学生さんもいた。マシンの電源を落として、と言ったら、すかさず電源ボタンを押して、作業中のデータを全部飛ばしてしまった学生さんもいた。
ここ数年だと、スマホのフリック入力は出来るのに、キーボードをあまり知らない、という学生さんもいる。「コントロールキー」や「デリートキー」を知らない、というわけだ。違う授業科目の話だが、レポートを作成するのにスマホで作業している学生がいたらしい。あんな細かい画面で良くやるなあ、と感心したが、それより前に親指が腱鞘炎にならないか心配にもなった。データでテキストレポートを送ってきたらしい。印刷の方法は知らなかったようだ。ここいらへんも、「スマホ世代」である。